健康のすすめ

基本方針

健康であることが、良い成果を生み出し、良い人生へとつながると考えています。そのため、毎年、東京都情報サービス産業健康保険組合が実施する健康診断の受診を社員に推奨。社員だけでなく、その扶養者も含めて受診率が100%になるよう声掛けをしております。さらに健康企業宣言も実施。社員の禁煙を促進するべく喫煙者には、電子タバコの配布も実施しています。社員一人ひとりが健康で明るく、快適に過ごせるような社内環境を目指していきたいです。

運動の推奨

社員に健康でいてほしいからというだけではなく、気持ちのリフレッシュをするためにも運動を推奨しています。そうすることで、思考がリセットされ、よりクリエイティブなアイディアを生み出すことが期待できるからです。社内ではメールや声がけを通して社内全体やチームに運動の促進を呼びかける担当が在籍。今後も、運動することを通して、個々人の健康と従業員同士のコミュニケーションの活性化を図り、活気のある社内風土を目指していきたいです。

これまでにロードバイクに乗ってサイクリングを楽しむ自転車サークルが発足されたり、社員の約半数が参加するイベント(サバイバルゲーム、VR体験など)が実施されていたりと健康に関する取り組みが活発に行われております。また、イベントに関しては、季節の節目には飲み会なども企画。社員が参加しやすいように業務後に実施するようにしています。

自転車イベント
現在5名で活動中。月に1回荒川沿いを走ったり、三浦海岸に赴き約20~40㎞の道をサイクリングしたりすることもあります。

社内イベント
コミュニケーションの活性化とリフレッシュを目的に、懇親会などのレクリエーションイベントを企画、他部署との交流できるような機会を目指しています。